美容皮膚科の看護でも手術に立ち会うことはあるのか

標準

美容皮膚科では多くの場合、レーザー治療などが主体となりますので、看護師が大掛かりな手術に立ち会う機会はあまりありません。そのため、看護師ではあるものの、大量の血を見なければいけないような手術は苦手という方は美容皮膚科での看護師を目指しても良いでしょう。大掛かりな手術よりも美肌に特化した専門的な知識と、美肌にするための実際的な技術が求められる分野なのです。

美容皮膚科では、看護師以外にもカウンセリングや契約を担当するスタッフが常駐していることも少なくありませんが、来院する方としてはやはり看護師さんにいろいろな不安や、術中に聞きたくなったことなどを質問してくる傾向が強くあります。それで、手術の補助をする際には、基本的な知識はもちろん、術中の患者が抱きそうな不安や疑問に答えられるように備えておくことも重要な役目といえるでしょう。

一度美容皮膚科の看護師としてのキャリアを始めると、一般の病院では経験できないような経験や、美容皮膚ならではの専門的な知識に接することになります。患者さんとともに一層の美しさを目指して看護できますので、やりがいもあるでしょう。これからの日本でより注目を集めるであろう美容皮膚科の分野で活躍してみるのはいかがでしょうか。